着物を着る機会は現代社会において本当に少なくなりました。今では洋服で生活することが一般的ですし、成人式や卒業式、結婚式などにおいて着るぐらいしか機会はなくなってしまいました。しかし、そうは言っても人生の区切りの大切なイベント時にはまだまだ活躍の場があるとも言えます。大切な場ではまだ活躍する機会がありますので、1枚自分の物を持っていても良いでしょう。呉服に関しては、誂える、いわゆるオーダーメイドが基本です。自分の好みの反物を選んで自分の背丈や体形に合わせてしつらえてもらいます。もちろん仕立て上がった呉服を購入することも出来ますが、こだわりの1枚購入するという時は呉服屋さんに赴いて反物から選び、その際に帯や帯揚げなどの小物のアドバイスももらうと良いでしょう。

いつ、どのような場で着るのかを明確にする

着物にはそれぞれ意味があることをご存じでしょうか。呉服屋さんに行くと、訪問着一つとっても色々な種類があり、値段も違いますが柄や色味が全く違う反物が並んでいて驚かれることもあるかと思います。訪問着でも結婚式に着て行くのか、子供の入学式や卒業式などの行事で着て行くことを目的としているのか、茶道や華道など自分の習い事の為に着るつもりで作るのかによって選ぶべき柄や色味は変わってきます。結婚式で着て行くべき柄は艶やかで、色味も鮮やかな柄がふさわしいでしょう。結婚式はお祝いの場ですので、華やかな柄が好まれますが、子供の行事の場合は控えめの色味に、柄の物を選ばなければなりません。あくまでも主役は子供ですので、親は控える必要があります。柄も小さな物が良いでしょう。

呉服屋さんでは必ず予算を相談する

初めて呉服屋さんで着物を作るという時には、値段が全く分からないことと思います。反物の値段は本当に幅広く、柄が派手であったり、控えめの色味である等といった理由で変動する訳ではありません。職人さんのかかった手間であったり、名のある作家さんが作られた反物になるととても高額になります。初めて呉服屋さんに訪れた際には、どのような場所で着用したい1枚なのか、予算はいくらまでで、帯や草履、鞄などの購入も含んでの予算なのかどうかを必ず相談するようにしましょう。呉服屋さんも予算を聞いてからでないと、価格に差がある物ですので、おすすめの反物を出してくることが出来ません。自分が購入出来る範囲の反物を見ながら、用途や自分の好みに合わせて選んでいくようにしましょう。