和服を購入するときに気になるのは値段です。洋服よりも高額になることはなんとなく理解していても、専門店などに行って見せてもらうと、かなり高額のものから手ごろな価格ものまであり、相場がわからないという声も少なくありません。
洋服でもブランドや素材によって価格が違うように、和服も作家や素材、かかった手間によって高価な物から安価なものまであります。また、基本的に、ついている価格は反物、つまり生地の代金なので、それ以上の金額を支払うことになります。
初めて着物を購入するときに、気を付けることはなんでしょうか。不安を持ったまま高額な支払いをしないように、皆はどのくらいの金額の物を購入しているのか、あらかじめ何にどのくらいの支払いが必要なのか知っておく必要があります。

購入するときの相場の金額はどのくらいですか

着物を購入する方法としては、デパートや専門店、インターネットなどがあります。数万円のものから100万円以上のものまであり、中には、和服の値段などあってないようなものだという人もいますが、だいたい、どのくらいの価格が相場なのでしょうか。
正絹のもので、訪問着ならば20万円前後、振袖で40万円から50万円位を目安にすると良いかもしれません。作家物や手の込んだものなどこれよりもっと高額になるものもあります。質の良い化繊素材の物ならば、5万円から10万円以下の価格で購入することも可能です。
大切なのは、自分の予算をはっきりさせておくことです。特に初めて和服をそろえる際は、他にもそろえるものがありますから、余裕をもった金額で反物を購入することが大切です。

反物代以外にかかる金額はどのくらいですか

着物を購入するときには、反物の価格がそのままの価格にはならないということを念頭に置く必要があります。オーダーメイドで仕立てをしてもらうので、プラスして仕立て代と裏地代、撥水加工を頼む場合はその加工費などがかかるのです。
さらに、初めて購入するときには、帯や長襦袢、着付け小物や草履なども必要になるので、その分の費用も考えておかなければなりません。例えば、20万円の反物を購入したとして、仕立てと加工費に7万円、帯に10万円、長襦袢が3万円、小物と草履に3万円かかったとすると、総額は43万円ということになります。
オーダーメイドは高額に感じるかもしれませんが、実際に着てみると自分のサイズに合わせて仕立ててもらったものは着心地の良い物です。初めて購入するときには、総額で掛かる金額に気を付けていれば、値段のことで迷うことは少ないでしょう。