着物の値段は、非常にわかりにくいのが現状です。ピンからキリといいますが、何百万円する作家ものと呼ばれる商品から、百貨店は基本として、値引きは厳禁です。メーカーや問屋が主催する店外催事では思い切った価格をつけることがあります。期間が短い催事では、売れ残るよりも処分が優先されます。百貨店で買うことのメリットは、やはりステータスです。アフターフォローもしてくれるので、価格からみて確かなものを買えるという安心感があります。
着物には、定価がありません。販売される段階では、価格の差はそれほどありません。問屋が販売する場合には、仕入値に人件費や販促費をのせた金額になります。このあたりの経費が店によって違います。一等地に店を構えれば当然、賃料等で経費はかかります。

百貨店で着物を買うときの値段とは

百貨店で買う人は、実際多いです。品物に信頼がおけるからです。実際は、メーカーや問屋の人間が店頭に派遣されていますから、一般的に自社製品を販売しようとするのは他の商品と変わりません。
価格も、比較的妥当な価格で販売しています。あまり、利幅をとろうとすると、なじみのお客様の多い百貨店の常連のお客様は、商品の良さを心得ています。どんなに安くても商品の質がわかるので購入はしません。
外商での販売は、もっとシビアになります。大切にしている人ほど価格には、シビアーです。百貨店で、振り袖を買う相場として60万前後以上を覚悟しておく必要があります。そのかわり品物ではレベルの高い商品を手に入れることができます。
百貨店で購入する場合も一回で購入するのでなく何回も売り場に出向いてよく見て決めることです。なかには前回より引かれている場合もあります。

有名店、問屋、インターネットで購入する

定価がないのが、どこで買うかにつながります。確かに店によって同じ商品、色合いのものが売っていることはありませんので一般の人には価格の目安がわかりません。ただし、これだけは言えることがあります。
普段よくお店に来られる方は、目利きが効く方が多いです。趣味にしている方もおり、愛好家にとってあまり価格の差が目立つ店には足を運びません。お店も老舗ほどその点は、わきまえています。京都の商店では、あえて一見さんとは取引しないというお店も珍しくはありません。
それに、比べてチェーン展開の店はまず売ろうとするため、強引な商法もあります。その点を承知のうえで価格を見ればいいでしょう。
インターネットの販売が活発になっています。商品を見られないという点はあります。しかし中間マージンがないので安いことは間違いないです。商品知識を磨いて利用すればお買い得な商品もあります。