着物は高価なもの、というイメージが根強いです。有名作家が手掛けたものはお値段が張りますし、有名な友禅や泥大島、結城紬などは、工程に手間暇かかる分、当然高価になります。しかし、それは製作に携わる人の人件費でもあります。あまりに高額では手が出せないのは当然ですし、無理に背伸びして購入する必要はまったくありません。ただ高いからといって敬遠するのではなく、手掛けた職人さんの気持ちを考慮しましょう。
また和服の場合、金額が高くなるのは、呉服屋さんを間に通すためとも言われており、実際の織元さんのところへ行くと相場よりだいぶ安く手に入ることがあります。どうしても手に入れたいと思ったら織元さん、染屋さんへ直接出向くという方法もあります。地方の場合、交通費はかかりますが、織元さんの思いに触れることができる貴重な体験となるでしょう。

着物を安く手に入れる方法もあります

高いものばかりではありません。泥大島や紬にこだわらず、普段着なら値段の安いものがたくさんあります。
街着やお洒落着として使える小紋や、浴衣にも使われる木綿のものは反物にしてもそれほど高価ではなく、手に入れやすいと言えるでしょう。反物で買わず、既製品なら更に手に入りやすい金額に抑えられます。必ずしも自分サイズに仕立てる必要はありません、市販サイズで自分に合うものを見つける事が出来ます。
素材もポリエステルなら金額も抑えられる上、洗濯機で洗うことも出来るので、汚れる心配もなく着こなすことができて便利です。色柄も、可愛い系から、大人っぽいもの、ちょっと変わったタイプのものと揃っています。和服は、洋服では考えられないような色の組み合わせの模様が自然だったりするので、洋服では選ばないような、ちょっと変わった色柄を選ぶのも楽しいです。

和服を安く手に入れる究極の方法は

市販のものだけでなく、リサイクルショップや骨董市で、中古やアンティークの着物を手に入れる方法もあります。骨董市では値段の安い、状態のよいアンティークが見つかることもあり、とてもお薦めです。時代を経て現代に受け継がれる和服は新品とは違う味わいがあり、愛着もひとしおです。
それ以外での究極の方法は、和裁を習って自分の好きな布を買い、自分で作ってしまう事。和服を自分で縫うなんて無理、と思われるかもしれませんが、和装はだいたいにおいて型がまっすぐなので、直線縫いで仕上げられるのでそこまで難しい事はありません。自分用の、普段着和服であれば、布地屋さんで好きな布を買って挑戦してみましょう。自分で縫った和服は喜びも違います。ますます和装への愛着が湧いて来るでしょう。

当社は他社と違い、きもののデザインや素材には大変種類があり、どんな幅広い年齢層の方に着用してもらえると自信を持っています。 着物のファンの方に担当者別のコーナーを掲載して部類分けして販売しているので着物選びがよりしやすくなっているのが、他社との違いです。 我が社では寸法直しを国内手縫いのみで丁寧行っており、価格も袖の身丈で30000円と特別料金になっています。 幅広い値段設定・豊富な着物の京都きもの市場へ